アナタはだりあ?(誰や)

2020年(令和2年)
7月4日(土)

ダリアが綺麗です。

ダリア0704
ダリアと蜜蜂0704

風雨が強い中、蜜蜂が蜜を
吸っています。

スズカケソウ0704

スズカケソウ
自生地は徳島県。
絶滅危惧種。

ニワフジ0704

ニワフジ
色合いが抜群ですね。

ヤマハギ0704

ヤマハギ
地味な花ですが、古今和歌集で多く読まれています。
不思議ですね。

ハンゲショウ0704

ハンゲショウ
実はドクダミ科なんですって。
なので、においが・・・。

(匂いと書くといい匂い!に感じるので、あえてひらがなに)

全撮影:グリーン・Kさん

(写真の提供ありがとうございました)

区切り線・お花

【最新記事一覧です・・】

区切り線・お花

入り口付近の花壇より

2020年(令和2年)
6月30日(火)

花の文化園入り口から
左手にある花壇、
こんな植物を見つけました。

ヘアピンバンクシャ
ヘアピンバンクシャ

お花はこれからですが、
面白いカタチをした花なので
咲くのが楽しみですね♪

グレビレア
グレビレア
グレビレア
グレビレア

撮影:ガーデン・Yさん

このお花も面白いカタチですね!
すごく主張してますね、
日本産ではないですね(笑)

ヘアピンバンクシャ
グレビレア
どちらもオーストラリア原産、
シンボルツリーにも人気があるみたいで、お庭に欲しいですね。

(写真の提供ありがとうございました)

区切り線・お花

【最新記事一覧です・・】

区切り線・お花

フルル再開・バラ満開。

2020年(令和2年)
5月21日(木)

バラ園

やっと活動が再開されました。
はなぶんでは、沢山のお花たちが待っていました。
(まるでウェルカム!と言ってるよう)

今日はバラ園が素敵だったので、
バラを沢山お届けしようかと思います。

とその前に・・・、気になる植物がいました。
みなさまも目にしたと思いますが・・・。

アガベの花
アガベの花

はなぶんへ行く階段、
お地蔵さまが鎮座している花壇です。
(才の神さま)

ここから花が咲き始めるのでしょうか。
私は少し興奮気味、楽しみです。

バラのアーチ

フルル会員さんに、
モデルをお願いしました。
青空とバラに包まれて。

今年のバラ園は凄いです特集

日本作出のバラのエリア
バラ園

バラ園入り口では、
日本のバラたちがお出迎え(^-^)

では、バラ園を散策!

’マルゴス シスター’

’マルゴス シスター’

’ラ プティット ポワール’

’ラ プティット ポワール’

’ピエール ドゥ ロンサール’

’ピエール ドゥ ロンサール’

’ウィリアム シェイクスピア 2000’

’ウィリアム シェイクスピア 2000’

’シュネービッチェン’
’シュネービッチェン’

’シュネービッチェン’

’セプタード アイル’

’セプタード アイル’

’セプタード アイル’

あれ?中に何かいるよ?虫だな

’カウンティ フェア’

’カウンティ フェア’

’かれん’

’かれん’

’ガルテンツァーバー ’84'

’ガルテンツァーバー ’84′

’マサコ’

’マサコ’

少ししか撮影できませんでしたが、
本当に沢山咲いています。
あちこちで、バラ凄い!という声が
聞こえました。

クレマチス園でも、
沢山咲いていました。

’新紫玉’ (シンシギョク)

’新紫玉’ (シンシギョク)

’マダム エドゥアール アンドレ’
’マダム エドゥアール アンドレ’

’マダム エドゥアール アンドレ’

パープルジャイアント(アリウム)

’パープルジャイアント’ (アリウム)

ミツバチとアリウム

あれ?何だか少なく感じますね、
バラの後だからですかね?
でも、ホント沢山咲いています!
奥地だけど、是非見にきてね!

エビネ園
エビネ園・カルミア

エビネ園でカルミアが咲いていました。

遊歩道ヒメサユリ
遊歩道ヒメサユリ

梅園そばの遊歩道に、
ヒメサユリが咲いていました。
とても可愛いです。

久しぶりのはなぶん、
お花も職員さんもフルルの皆様も
元気で本当に良かったです。