猿はすべらん、サルスベリ。

2020年(令和2年)
8月8日(土)

お写真提供ありました。

全撮影:グリーン・Kさん

タカサゴユリ
タカサゴユリ、ハーブ園にて。

高砂百合
多年草
台湾原産 実は帰化植物

どこでも不平を言わず花を
咲かせる。

サルスベリ、芝生広場にて。

サルスベリ
百日紅(ヒャクジツコウ)
ミソハギ科

樹皮が白く、
なめらかな手触りをしていることが特徴です。
猿も滑って落ちてしまうほど
ツルツルという様子からサルスベリと名付けられました。

でも実際は、猿はすべらず登れるそうですね!

センニチコウ、球根園付近にて。

千日紅(センニチコウ)
ヒユ科 センニチコウ属
一年草、多年草

暑さに強く、
苞の色が褪せにくいため、
夏~秋にかけての長い期間楽しむことができます。

百日紅、千日紅とも花期が長いので、はなぶん大助かり!

(写真の提供ありがとうございました)

区切り線・お花

【最新記事一覧です・・】

区切り線・お花

暑すぎて、誰もいない装飾花壇。

2020年(令和2年)
8月6日(木)

猛暑です。

まるで休園日の装飾花壇2

ひとっこひとりいない、まるで貸し切り状態の装飾花壇。

まるで休園日の装飾花壇1

何だかリッチな気分になったのは、私だけでしょうか。

不思議植物展

センター棟1階で開催中、
不思議植物展。

8月4日(火)〜8月10日(月)まで

変化朝顔展

大温室内で開催中、
変化朝顔展。

7月21日(火)〜8月30日(日)まで

ヒマワリ
ヒマワリ、福祉花壇付近にて。

撮影:カルチャー・Nさん

ヒマワリ
(向日葵)
キク科 ひまわり属
一年草

ヒマワリの種には、
リノール酸、葉酸、ビタミン、鉄分、繊維、亜鉛、
マグネシウム、カルシウムなど豊富に含まれ、とても栄養価が
高く、リスだけに食べさせるのはもったいないですね。

ノシラン
ノシラン、遊歩道にて。

撮影:グリーン・Kさん

ノシラン
(熨斗蘭)
別名:ジャノヒゲ
ユリ科 ジャノヒゲ属
宿根草

ヤブランと同じく、
ランと名前に付きますが、ラン科の植物ではありません。

センニンソウ
センニンソウ、バックヤードにて。

撮影:グリーン・Kさん

センニンソウ
(仙人草)
キンポウゲ科
つる性の多年草

日本自生のクレマチス、
名前の由来は、線毛が仙人のヒゲのようだから。
茎や葉の切断面から出る汁や
濡れた花粉に触れると炎症を起す有毒植物!

(触る時は、気をつけてね)

(写真の提供ありがとうございました)

区切り線・お花

【最新記事一覧です・・】

区切り線・お花

見頃の花、トウテイラン。

2020年(令和2年)
8月2日(日)

少し前ですが7月28日(火)、
素敵なお写真お届けします。

トウテイラン1
トウテイラン、ヒョウタン池にて。

撮影:カルチャー・Mさん

トウテイラン2
トウテイラン、ボタン園にて。

撮影:カルチャー・Mさん

トウテイラン(洞庭藍)
オオバコ科 多年草
中国の洞庭湖の水の色に例えたのが
名前の由来です。

こちらは30日(木)の撮影です。

センニチコウ
センニチコウからの色とりどりのベゴニア、クレマチスガーデン。

撮影:カルチャー・Nさん

可愛いセンニチコウが
咲きこぼれています。

(写真の提供ありがとうございました)

区切り線・お花

【最新記事一覧です・・】

区切り線・お花