活動再開の一コマ(3月24日)

2020年3月24日(火)


本日より活動が再開されました。


多目的集会室での全体の朝会は避けて、各グループごとに外で朝会です。
こちらはグリーングループの「グループ朝会」です。

朝会中の後方左の花樹は香りの丘の見ごろの花、リキュウバイ!
春が来ました!

カルチャーグループはクリスマスローズ園での活動です。

 

グリーングループは梅園で剪定作業。

フラワーグループは装飾花壇のメンテナンス。

 

フィールドグループはクレマチス園で活動です。

ユーフォルビアが見頃に向かっていました。


冬咲きクレマチスも咲いていました。


クレマチス園では桜も見られます。


右がジュウガツザクラで左はアーコレイドという
サクラで、
冬中咲いていますが、アーコレイドの方が花が大きいようです!?

その他にも木の花も美しく開花し、レモンも実っていました。

ガーデングループは花時計とバラ園のメンテナンス!

リーフグループは球根園で。


アネモネが咲いていました。

※本日は、今後の活動についてのお知らせ案内がありましたので、会員の皆様は、会員ニュースでご覧ください。

20日養成講座ガイド

2月20日(木)午後2時から、養成講座生に園内施設の案内と見頃の花をガイドしました。
6班に分かれて、ガイド・サポートで
園内ガイドグループほぼメンバー全員参加です。
養成講座を終えて、4月からフルル会員として活動するために知っておきたい
多目的ホールと通用門を必須案内事項として、それぞれ見頃の植物を熱心にご案内しました。

(Photo by 園内ガイドG M.G)

19日シニア自然カレッジの団体ガイド

2月19日10時から、シニア自然カレッジ25名様の団体ガイドを
3班に分けて対応いたしました。

暖かく良いお天気で、お昼前までゆっくりと
園内ガイドを楽しんでくださいました。

(Photo M.G)

フクジュソウ、マンサク、ジュウガツザクラ、ウメ、クリスマスローズなど熱心に観察されました。
温室では原種スイセン、ストレリチア・ニコライなどがちょうど見頃でした。