11/19(木)〜11/24(火)フルルの散歩。

野村フルルの散歩
フルルの散歩

11月24日(火)

撮影:グリーン・Kさん

コウテイダリア
コウテイダリア、多目的施設付近より。
少し拡大してみました。

コウテイダリア
キク科 テンジクボタン属
多年草

晩秋の頃に、空に向かって澄んだ淡いピンク色の大きな花を次々に咲かせる。
淡いピンクの花は、とっても、とっても、と~っても美しい。
花言葉「乙女の真心」青空に映える、澄んだ淡いピンクの花姿から…。
短日植物(日が短くならないと、花芽をつけない)
(注意)近くに街灯や電灯が?ある場合には花芽をつけないことがある。


アルテルナンテラ
アルテルナンテラ、シェードガーデンより。

アルテルナンテラ
ヒユ科 ツルノゲイトウ属
多年草、一年草

紅葉の時期にニョキニョキ背丈を伸ばし、庭を彩る。
葉っぱも茎も赤く艶やか。
なんといっても、アントシアニンがいっぱい。女性がお~喜び♫
植物の凄さは、光合成でできたショ糖(デンプン)を各種酵素の働きでアントシアニン(赤色の色素)にかわる。魔法の糖。実は植物は魔法使い。
別名:アカバセンニチコウ

寒ボタン
寒ボタン、ボタン園より。

寒ボタン
ボタン科 ボタン属
落葉小低木

寒ボタンのお話・・、
春と初冬の2回咲く2季咲きの性質を持ったものを寒ボタンと呼んでいる。
葉を8月下旬に刈ると、121月頃に花を咲かせる。
葉から開花を抑制するホルモンが出ていると考えられて、葉を落とすことで開花のスイッチが入る。

マリーゴールド
マリーゴールド、装飾花壇より。

マリーゴールド
キク科 コウオウソウ属
(マンジュギク属)
 一年草、一部多年草

太陽に恋した花。別名を「太陽の花嫁」。メキシコ原産。
マリーゴールドの意外な一面は、トマトやナス、ダイコンなどと一緒に野菜畑に植えられる。(コンパニオンプランツ)
マリーゴールドは根から出る成分が、作物に害を与えるセンチュウを防ぐ効果があるとされている。
「マリアの黄金の花」。独特の匂いもあり、虫がつきにくい。
「女は弱し、されど母は強し」聖母マリアの名を持つマリーゴールドは、ただ可愛らしいだけの花ではない。

ビバーナム(トキワガマズミ)
ビバーナム、ホワイトガーデンより。
ソヨゴの実
ソヨゴの実、メタセコイヤ並木より。
球根園のツタ
メタセコイヤにひっつくツタ、球根園より。

球根園のメタセコイアにくっついてるツタ。吸盤状の茎?!で、糊のようなものでくっついてよじ登っていきます。
根っこも生えるそうです!

撮影:カルチャー・Nさん

パンジー1
パンジー、装飾花壇より。

パンジー
スミレ科 スミレ属
一年草

英語でラブグラス(恋の草)。
さらには、Kiss me at the garden gate ”門のところで私にキスして”や、
Jump up at the kiss me ”立ち上がって私にキスして”などの別名もある。
ヨーロッパ原産。
パンジーの原種のワイルドパンジーは、紫色、黄色、白色の花弁が混ざっている。ハチ特化の花なので、ハチとの恋のバランスを取っている。

ベニヒモノキ
ベニヒモノキ、大温室より。

ベニヒモノキ
トウダイグサ科 エノキグサ属
常緑性低木

赤く垂れる花穂はオオケタデに似ているが、トウダイグサ科。
エノキグサ属として、ちょくちょく見る野草エノキグサは雑草として庭や畑によくみられる。

ハナノキ1
ハナノキ、球根園とレストランのあいだ。
ハナノキ2

カエデの仲間で紅葉を楽しみます。
雌雄異株で4月頃に可愛いお花が咲きます。

ハナノキ撮影:ガーデン・Yさん

ツメレンゲ
ツメレンゲ、ボタン園より。
ツメレンゲ2
ガーデン・Yさん撮影のツメレンゲ。

ボタン園に1株ありました。綺麗な花が見れました。花はもうすぐ終わります。

スッポンタケ1

スッポンタケ、まだ幼いです。

スッポンタケ2

ボタン園の奥、
クリスマスローズガーデンの中で
見つけました。

スッポンタケ撮影:ガーデン・Yさん

バラ園のバラ。

バラ園のバラ1
バラ園のバラ2
バラ園のバラ3
バラ園のバラ4

本日の大温室から。

ストレプトカーパス
ストレプトカーパス。
ウナズキヒメフヨウ
ウナズキヒメフヨウ。
クリナム・アウグスタム
クリナム・アウグスタム。
セントポーリア
セントポーリア。
ヒメノウゼンカズラ
ヒメノウゼンカズラ。
ツバキカズラ
ツバキカズラ。
フウリンウメモドキ
フウリンウメモドキ。

(本日も写真の提供していただいた方、
ありがとうございました)

区切り線・お花

【最新記事一覧です・・】

区切り線・お花