3/16(火)フルルの散歩。

3/16カメリア・ロゼフローラフルルの散歩
フルルの散歩

3月16日(火)

コメントと撮影:グリーン・Kさん

3/16コブシ1
コブシ、ひょうたん池より。

コブシ
落葉高木

春に白い花を咲かせ、サクラとともに春を告げる花木…。
ヤマザクラと同じく、コブシも種まき田植えの時期を知らせる花として、田打ち桜、種まき桜、田植桜と呼ばれた。

3/16コブシ2

コブシは、開花時に花の下に小さな葉っぱがひとつつく。ハクモクレンとの区別が簡単。わかりやすいですね😊

3/16コブシ
3/16ユスラウメ
ユスラウメ、球根園より。

ユスラウメ
落葉低木

サクラの花が咲きだすころ、ウメに似た5弁の白い可愛い花を枝いっぱいに咲かせる。
梅雨のはじめころ、サクランボに似た赤い小さな可愛い実をつける。さてさて、実の味はいかがなものか…。
甘さが薄く酸っぱいとか…。酸っぱいジャム向き。

3/16アネモネ1
アネモネ、球根園より。

アネモネ

春を告げる秋植え球根。一茎に一花咲かせ、花の色はいろいろ…一重や八重、矮性種など様々な品種かある。
秋植え球根の中では、長時間花が楽しめる。原産地は地中海沿岸。

アネモネいろいろ

3/16アネモネ2
3/16アネモネ3
3/16アネモネ4
3/16ハナニラ
ハナニラ、球根園より。

ハナニラ

道端や花壇に植えっぱなしにしておいても、春に藤青色からピンク、白の星形の花を咲かせる。非常に丈夫で手間いらず…。除草してたら、その名のとおりネギやニラの匂いが…餃子が食べたくなる…それとビール🍺

3/16ムスカリ
ムスカリ、球根園より。

ムスカリ

春になるとブドウの実のような壺状の不思議な花を鈴なりに咲かせる。涼しげなブルー系の色合いが爽やか…。

3/16クロッカス
クロッカス、球根園より。

クロッカス

早春にひょこっと顔だすヨーロッパ原産の球根。
これも水仙と同じくギリシャ神話…クロコスという美少年…。
雪山で誤って谷底に落ちてしまい、婚約者がクロコスを見つけたときに咲いていた花がクロッカス…お馴染みのパターン…。アルプスの高原などに自生している。

3/16トサミズキ
トサミズキ、香りの丘より。

トサミズキ

早春に葉っぱに先駆け、穂状花序(穂のように咲く)で黄色の花をぶら下げる。

3/16ヒョウガミズキ
ヒュウガミズキ、アジサイ園より。

ヒュウガミズキ

ぶら下がる花序が、トサミズキより少ない…。

3/16エドヒガン
エドヒガン、大温室出口付近より。

エドヒガン

彼岸頃に淡いピンクの花を咲かせるからヒガンザクラ。原種のひとつで、関東だから江戸がついた。
葉っぱより先に花を咲かせる。ソメイヨシノの片親で知られている。もう一方はもちろん桜餅の葉っぱのオオシマザクラ。
エドヒガンの突然変異がシダレザクラ。
ヤマザクラの突然変異が八重桜です。知ってると得する豆知識。

3/16カメリア・ロゼフローラ

カメリア・ロゼフローラ

冬に淡いピンクの可憐な花をたくさんつけ、その花姿が愛らしい…
地面に落ちた花の絨毯(じゅうたん)がなんとも可愛い(´・∀・)…。
中国原産の原種椿。花文ではニゲル通りに咲いてて、角のところなので、こんなに可愛いのに死角になってる。
誰か、私を見つけてください…ピンクの椿の花言葉は「控え目な美」。

3/16カメリア・ロゼフローラ2
ロゼフローラの花絨毯。

ちょっとおもしろ豆知識

「おはぎ」の春夏秋冬の呼び方。
秋収穫の小豆は皮が柔らかいから、そのままつぶして粒あん(お萩)。
春のお萩は、皮を取り除いたこしあん(牡丹餅)。夏のお萩と冬のお萩の呼び方。
【理由】ご飯を潰してつくるお萩は、お餅と違ってぺったんぺったん音がしないので、いつつくっているのかわからない。夏はつき知らず…着き知らず。夜の船はいつ岸についたかわからない(夜船)。冬はつき知らず…月知らず。月が見えない北の部屋の窓(北窓)。

3/16ソメイヨシノ

ソメイヨシノ

3月14日に一株に5輪咲いたから、開花宣言…。(“⌒∇⌒”)早すぎ…

3/16ヒロハノアマナ

ヒロハノアマナ

アマナ、名前の最後にナがあるのは菜っ葉のナだから食べられる。(“⌒∇⌒”)

3/16ミヤマシキミ

ミヤマシキミ

億両にやっと花が咲きました。

3/16クロモジ

クロモジ

高級和菓子の爪楊枝。河内長野で作っている。独特の香り。

区切り線・お花

【最新記事一覧です・・】

区切り線・お花