4/13(火)フルルの散歩。

4/13瓜草フルルの散歩
フルルの散歩

4月13日(火)

コメントと撮影:グリーン・Kさん

4/13オキナグサ
オキナグサ、ボタン園より。

オキナグサ

春にうつむき加減に赤紫色の花(萼片)を咲かせる。花弁が無いという変わった特徴がある。
花後にできるタネに白く長い毛があり、白く長い毛が光に当たり艶々と密集して風にそよぐ姿を老人の白髪に見立てて「オキナグサ(翁草)」と呼ぶ…。白い長い毛が、光にあたりキラキラと輝く様は、なんとも美し~い…。

4/13ヤマブキ
ヤマブキ、アジサイ園より。

ヤマブキ

落葉低木。
晩春に山吹色の鮮やかな花を咲かせる。若き日の太田道灌が蓑(みの)を借りるべくある小屋に入ったところ、若い女性が、何も言わず山吹の花(八重)一枝を差し出したので、道灌は怒って帰宅…。八重の山吹に実ができない(蓑ひとつない)意を教えられ無学を恥じたという有名な話…。

4/13御衣黄(ぎょいこう)
御衣黄(ぎょいこう)、芝生広場より。

御衣黄(ぎょいこう)

なんと緑色の桜です…最初は緑色だったのが、だんだんと薄くなり、黄緑色から黄色、そして中心部が赤くなってくる(アントシアニン)。
大切なサクランボを守るためですが、八重は雄しべも雌しべも花弁に変化しているので、(サクランボ)はできません。昔の名残…。なんとも不思議なさくら…。
オオシマザクラを母として生まれた、サトザクラ群のさくら。
名前の由来は貴族の衣服の萌黄色に近いため。なんと、花弁の裏側に気孔がある。花弁で光合成しているかも…。
(“⌒∇⌒”)写真は花弁の中心部が赤くなってる。

4/13イチリンソウ
イチリンソウ、ふるさとの花園より。

イチリンソウ

春、多くの花が盛りになる頃、川沿いの林の中などで白い清楚な凛々しい花を茎に一輪咲かせる。
白い花弁(萼片)で5枚前後、咲き始めは裏面から赤みを帯びて、とってもうつくし~い…。

4/13ヤマシャクヤク
ヤマシャクヤク、アジサイ園より。

ヤマシャクヤク

春先に大きな白い花びらの中に、黄色の雄しべと赤い雌しべの色が浮き立つエレガントな花をつける…。
質素だけど、記憶に残る素敵な花…ひっそりと半日陰に…。

4/13イカリソウ
イカリソウ、エビネ園より。

イカリソウ

落葉低木。
変わった花の形がとっても可愛い。花の形が船のイカリに似ているからイカリソウ。肩を怒らして…かもかも…。
日本各地に自生する品種もあり、寒さ、暑さにも強く育てやすい山野草。
三枝九葉草(さんしくようそう)。枝が3つに分かれ、その3つに3葉。
中国では滋養強壮効果のある生薬で有名。

4/13コウシンバラ(庚申)
コウシンバラ(庚申)、バラ園より。

コウシンバラ(庚申)

中国の原種。原種で四季咲きの性質を有する唯一のバラ🌹
ロサ・ギガンティアとの交雑でティーローズができ、ハイブリッド・ティーの流れが、バラの歴史…。
去年咲いたが、コロナ禍で見られず…今年はいっぱい蕾をつけているので、楽しみです。😃⤴️⤴️骨粉効果大…。
(“⌒∇⌒”)

4/13カリン
カリン、香りの丘より。

カリン

春になんとも綺麗なピンクの花を咲かせる。木肌が素晴らしく、果実も大きく、庭木としての見映えがある。
写真の葉っぱの縁がギザギザしているのでカリン。
咳どめに効果…。生食もジャムにも❌です。カリンジャムとして販売されているのはマルメロです…。

マクロの世界✨

新たな兵器(?)を仕入れたので、それを使い撮影しました by グリーンKさん

4/13マクロの世界01
4/13マクロの世界02
4/13マクロの世界03
4/13マクロの世界04
4/13マクロの世界05

綺麗に撮れました。

4/13コモウセンゴケ

コモウセンゴケ。
お馴染みの食虫植物。

4/13ルリハコベ

ルリハコベ。
ふるさとの花園。

4/13センボンヤリ

センボンヤリ。
ふるさとの花園。オオヤマレンゲのところ。

4/13アメリカフウロソウ

アメリカフウロソウ。
梅園。

4/13キュウリグサ

キュウリグサ。

4/13ミミナグサ

ミミナグサ。

4/13ヤワゲフウロソウ

ヤワゲフウロソウ。
これは可愛い❤️

4/13ヒメウズ

ヒメウズ。

4/13カスマグサ

カスマグサ。

4/13オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ。

4/13スズメノエンドウ

スズメノエンドウ。

4/13八重のツツジ

八重のツツジ。
遊歩道。

4/13クジャクサボテン

クジャクサボテン。
大温室。

色々な石楠花(シャクナゲ)

4/13石楠花(シャクナゲ)01
4/13石楠花(シャクナゲ)02
4/13石楠花(シャクナゲ)03
4/13石楠花(シャクナゲ)04
4/13石楠花(シャクナゲ)05
4/13ウワミズザクラ

ウワミズザクラ。
梅園と遊歩道のあいだ。

ちょこっと園内散策ツアー

梨の花の匂いが臭い。15名中…13名が臭い。後のふたり、花粉症(?)で嗅覚がダメ😢🆖⤵️❓
キュウリグサは10名中…10名キュウリの匂いがしないとのこと。(“⌒∇⌒”)
オオシマザクラの葉っぱを揉めば桜餅の匂いが、する。20名中…20名が桜餅の匂いがする。

ボタンのおもしろ話

美人にたとえられるボタン…意外なことに漢字で書くと「牡丹」…牡(オス)の丹(あか)…。ボタンは赤い色が最高だが、種で増やすと赤以外の色がでる。そのため、種ができないオスとされる。たから、牡丹の漢字になった。

(お写真の提供、ありがとうございました。)

区切り線・お花

【最新記事一覧です・・】

区切り線・お花