10/29(木)〜11/3(火)、フルルの散歩。

11/3ヨメナフルルの散歩
フルルの散歩

11月3日(火)

10月29日〜11月3日までのお花の写真、頂きましたのでどうぞ!

撮影:グリーン・Kさん

11/3トリカブト
トリカブト、アジサイ園より。

トリカブト
キンポウゲ科 トリカブト属
多年草

舞楽の鳥兜のような青紫色に咲く姿は、吸い寄せられるような美しさ。
花弁ではなく萼弁。花弁は上萼弁のヘルメットの中に収められています。

ブスの語源、と言われています。
トリカブトは漢方の生薬では附子(ブシ)、毒は附子(ブス)と呼ばれます。
トリカブトの毒にあたると、神経が麻痺し無表情になることから
ブス=不美人・・ということです。ブスという漢字があることに驚き!
全草猛毒。この毒は傷のない皮膚や粘液から吸収されるので、素手で触れないように・・。
昆虫には毒が効かないから、園内のトリカブトは昆虫に食べられあわれな姿。

11/3マルバノキ
マルバノキ、ふるさとの花園より。

マルバノキ
マンサク科 マルバノキ属
落葉低木

丸いハートの葉っぱが可愛い!
マルバノキの花は、赤く色づいた葉が散り始めた頃に咲き始めます。
マンサクのような形の赤い小さな2つの花が背中合わせに咲きます。
赤くマンサクに似た花が咲くので、ベニマンサクとも呼ばれます。

11/3ヨメナ
ヨメナ、ふるさとの花園より。

ヨメナ
キク科 シオン属 
多年草

夏から秋にひっそりと、湿ったところや道端に普通に生えます。
ヨメナの由来は、嫁のように可愛い花を咲かせるから・・。
花言葉は、「かくれた美しさ」
ヨメナを生花にして飾ったら、こころがほんのりあったかくなるかも・・✨

11/3ヤマハッカ
ヤマハッカ、ふるさとの花園より。

ヤマハッカ
シソ科 ヤマハッカ属
多年草

別属のハッカに似ていますが、香気はありません。
山に生えるから付いた名。花穂は次第に長くなり、節ごとに何段にもかたまって
花がつく(集散花序)。節には小さな葉がつきます。
花言葉は、「思いやり」

ヤマハッカに似たイヌヤマハッカ。
植物の名にイヌがつけば、役に立たないものと言われています。
ヤマハッカも香りが無いのですが・・。

11/3アシボソノボリリュウタケ
アシボソノボリリュウタケ、香りの丘より。

アシボソノボリリュウタケ
ノボリリュウタケ科 ノボリリュウタケ属
キノコはカビの一種
びっくり、しゃっくり、玉手箱。

目に見える大きな子実体(松茸、椎茸など食べてるもの)をつくるのがキノコ、
つくらないのがカビです。
パンなどにできるカビも、秋、美味しいと言って食べてる松茸も、カビの一種。

漢字では「脚細昇竜茸」。
竜がつく強そうな名前と違って、へんてこなハート形が可愛いですね。
全国に広く分布しています。

11/3サルビア・インボルクラータ
サルビア・インボルクラータ、レストラン横のサルビアガーデンより。

サルビア・インボルクラータ
シソ科 サルビア属
常緑多年草

秋の澄んだ空気に鮮やかな花色が映えます。別名ローズリーフセージという
大型の宿根サルビア。
庭植えで放任すると2mほどの草丈になるので、6月頃に切り戻しがベスト。
切り戻し時期が遅れると花が咲かないのでご注意を。

11/3プレクトランサス’モナ・ラベンダー’
プレクトランサス’モナ・ラベンダー’、メタセコイヤ並木より。

プレクトランサス’モナ・ラベンダー’
シソ科 ケサヤバナ属
(またはプレクトランサス属)
宿根草

南アフリカ原産。
花茎の色と花のくっきりしたコントラストが、人目を惹き付けます。
花言葉は、「沈静」
花の色合いが落ち着いているので、こころが静かになりますね。

短日植物(日が短くなると開花)で、10~11月の開花は見事です。
ただ、寒さに弱いので、冬は室内の窓辺で育てましょう。

(本日も写真の提供していただいた方、
ありがとうございました)

区切り線・お花

【最新記事一覧です・・】

区切り線・お花